怒りやイライラの感情をコントロールする

復縁する前もした後も大事です。

怒りやイライラの感情をコントロールする事は大事です。
復縁する前も復縁した後もかかわってくることです。ではどんなときに、、
怒りやイライラの感情をコントロールする

 

川上です。

 

さっきの答えは
あなたがイラッとしたり怒りを感じたときにうまく処理をすることです。

 

復縁する前は相手への気持ちをさりげなくかくして
行動することが大事です。

 

復縁した後は相手を思いやりうまく関係を継続していくのに必要です。

 

特に気をつけるべきことは「怒り」の感情です。

 

ケンカの原因になったり、
あなたの努力がダメになる原因になります。

 

激高する感情の流れに合わせてあいてみぶつけてしまうのは
よくありません。

 

怒りの感情は難しいところもあります。

 

誰でも怒りを100%なくすのは難しいことですが
うまく付き合うことだと思います。

 

復縁に関連しての怒り

怒りやイライラの感情をコントロールする
怒りやイライラの感情をコントロールする
復縁活動しているときでも

 

あなたの想いが通じないときも「怒り」の感情が芽生えます。
連絡が取れなかったり、冷たい反応をされると感じるかもしれません。

 

また

 

復縁できたとして、一緒に時間を過ごし、

 

別れた原因の性や性格の問題で平行線になったりするときにも
怒りの感情は芽生えて来ます。

 

この怒りのコントロールは
なかなか難しくてずっと向き合っていく問題だと思います。

 

仕事でもプライベートでも
怒りの感情を処理する。。

 

心が休まる瞬間がありません。。

 

でもどこの世界でも生きていくうえで
怒りを感じるきっかけはあるものです。

 

だからと言ってあきらめることではありません。

 

大事なことは、
怒りとうまく付き合う、処理していくことだと思います。


怒りの処理てネットや本で調べても

怒りやイライラの感情をコントロールする
怒りやイライラの感情をコントロールする
怒りの原因について調べると
怒りのホルモンといわれるノルアドレナリンが作用する。
など症状の羅列が多かったりします。

 

意外と少ないのが対処方法です。

 

病院に行きましょう。。。だったりします。
でも心療内科はいいとは思うのですが、

 

どの病院も診察待ちで診察まで2週間はざらです。

 

病院に行くとあれこれ質問されて薬を処方してもらい
挙句の果てに病人にされそう。。

 

確かにそのような不安を抱えて診察受けないのも一つの選択肢です。

 

私も心に病を抱えているかもしれませんが
病院が怖いので自分自身で治すことにしています。

 

また、専門家に見てもらったほうがいいと感じて
診察を受けるのもアリだと思います。

 

一人で抱えているより相談したほうがすっきりして
前向きに考えるきっかけになるかもしれません。

 

このサイトでは復縁がテーマなので症状が
重い方はいらっしゃらないかもしれません。

 

以下の章では
自分で感情を処理することをテーマに考えていきたいと思います。


ちょっと思い出してほしいことです。

怒りやイライラの感情をコントロールする
怒りやイライラの感情をコントロールする
感情のコントロールは難しいと思います。

 

でも不可能ではありません。

 

ちょっと一例をあげます。

 

私の友人ですが、物腰の柔らかい感じでみんなに慕われています。

 

彼とは社会人になってから付き合い始めたので
学生時代のことは知りません。

 

ある時飲み会の席で
昔は非常に短気でスグにケンカしていた過去を知りました。

 

興味津々でどうしたら治ったのか聞くと

 

社会に出る前に親に親に短気を直さないと仕事ができなくて
一生苦労するぞと忠告されて直したそうです。

 

最初は煮えたぐる怒りを
隠して家でサンドミットをたたいてしのいでいたら

 

だんだん怒りを感じなくなったとのことです。

 

社会に出て働き始めるとやんちゃな性格が影を潜めて
真面目に働く人は結構多いと思います。

 

その時のエネルギーを男女関係でも
コントロールすることを覚えるのが

 

復縁の成功と交際維持に役立ちます。


病院に行かないでイライラを解消するには

怒りやイライラの感情をコントロールするために
病院に行かないで自分で処理する方法を考えます。
怒りやイライラの感情をコントロールする
大きく分けると3ステップになります。

 

  • 我慢する
  •  

  • 発散する
  •  

  • 怒りを心の中で受け流す

 

まず最初のうちは
いったん我慢することを習慣づけます。

 

いわゆる怒りのピークは6秒から10秒といわれています。
ちょっと一呼吸置く感じです。

 

次に怒りを発散させる方法を自分なりに見つけます。

 

紙に書いたり、運動したり寝たりなどいろんな方法があります。

 

最後は怒りのとらえ方を体得することです。
いやなことがあっても動じない心に成長することです。

 

心療内科の先生が書いた本を読んでみるのも
怒りの感情を流すことになると思います。

 

イライラしがちなあなたを変える本 アマゾン通販

 

怒りやイライラの感情をコントロールする

 

大事なことはいきなり変わるのではなくて
できることから少しづつ怒りの感情を処理することが大事です。

 

人間だれでも完ぺきではないので
少しづつで問題ありません。


大事なのは変わるという心構えです

怒りやイライラの感情をコントロールする
怒りやイライラの感情をコントロールする
怒りの処理を本当にできるか今のあなたは不安だと思います。

 

非行に走った人が更生して真面目に働くようになるのと同じだと思います。

 

学生時代にコミュニケーションが取れなかった人が働くようになって
同僚と協力し合いながら仕事を処理するのと同じです。

 

人間なので感情を消すことはできなくても
感情をどう処理するかで生活や仕事が変わってきます。

 

もちろん男女関係も同じです。そして復縁するときもです。

 

必要に迫られて人間変わるのです。

 

 

怒ってばかりだと仕事が長続きしないでお金が稼げません。
キレてばかりだと仲のいい状態を維持できません。

 

我慢しすぎると心が病気になります。

 

必要を感じているあなたはきっと変わることができます。


人に対しての怒りはうまく隠すことが大事です。

怒りやイライラの感情をコントロールする
怒りやイライラの感情をコントロールする
人に対しての瞬間的な怒りは
本人の目の前で隠すのは苦労すると思います。

 

もしあなたが目の前の人に対して怒りを感じた場合
人呼吸我慢することです。

 

瞬間的な怒りのピークは6秒間といわれています。

 

おなかに力を入れたり、深呼吸して起こっているエネルギーを
逃がして一呼吸こらえるのが大事です。

 

人によっては怖い顔になる人もいますが
その瞬間無表情に徹するのも

 

怒りのパワーを逃す動作になるかもしれません。

 

相手が目の前にいるときは
とにかく一呼吸こらえて怒りを収めることが何より大事です。

 

注意6秒後悔一生です。

 

大事な仕事の場面や復縁をしようとしているあなたには
気を付けるべきポイントだと思います。


怒りを紙に書いてみる

怒りやイライラの感情をコントロールする
怒りやイライラの感情をコントロールする
怒りを紙に書いてみることは大事です。

 

怒ったことを殴り書きでもいいのでメモに書いてみることです。

 

そうすることで怒りのエネルギーを収める役目になりますし
どんな時に怒るかパターンが見えてきます。

 

両方大事なことですが、

 

怒りに向き合い始めたとき、
大きいのは書くことによって激高した感情を鎮める効果だと思います。

 

初めのうちは怒りをこらえることが大変なアクションだからです。
どんなこらえ方がいいか人によっては様々です。

 

あなたに最適なこらえ方を見つける方法を見つけることです。

 

そして、紙に書いた怒りの記録からどんな時にどんな感情で怒るのか
パターンを分析します。

 

ちょっと己を知ること、、です。


感情の流れを作る

怒りやイライラの感情をコントロールする
怒りやイライラの感情をコントロールする
怒りの感情はただ我慢するのは心の健康にもよくありません。

 

ためすぎると精神の病になってしまいます。

 

怒りの感情は起こるのは人間だから仕方がないです。
怒りのエネルギーをうまく逃がしてあげることが大事です。

 

個人的な怒りの逃し方のパターンを紹介します。

 

家内が洗い物をしないでためていることがよくあります。
私が帰ってくると汚い洗い場を目にしたとき

 

いつもイライラしていました。もちろんあたったりもしていました。
当然切れると相手もキレ返してくるので険悪な感じになります。

 

そこで切れるのをやめてこらえるようにしました。

 

で次に洗い物できなかったら洗ってあげればいいじゃんと
自分で洗うようにしました。

 

ポイントは怒りのパターンが見えてきたら

 

処理方法を考えて怒りのエネルギーを逃がして
心にたまらないようにすることです。


まとめ

怒りやイライラの感情をコントロールする
怒りやイライラの感情をコントロールする
以上ざっとアンガリ―マネージメントについて紹介してきました。

 

感情のコントロールのパターンはほかにもいくつかあります。

 

わいてくる感情を処理することによって
コミュニケーションを円滑にすることができます。

 

実際のアンガー・マネジメントは

 

本になるくらいのボリュームなのでより詳しい内容をみて実践される方は
書籍の購入をおすすめします。

 

特に女性に対して関係を継続するには
精神的に成熟しているのがポイントになります。

 

もちろん個人差はあります。
私も初年のように子供じみたところはあります。

 

なかなか感情をコントロールできなくて
家内にも理解はしてもらえてますが

 

この怒りのコントロールができるようになると
相手も感じるようになります。

 

長い間二人の関係を続けたりするのにも必要ですし

 

復縁活動でうまくいかないとき
感情をコントロールできているとスムーズに物事が進みます。

 

復縁の成功率が高くなるということです。

 


アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及!イライラ、ムカムカを一瞬で変える技術

 

 

一見難しそうなことですが
頑張ってみると意外とできるものです。

 

以上、川上でした^^

 

怒りやイライラの感情をコントロールする

ページの先頭へ