あなたの気持ちを整理する

復縁をするべきか判断するのは
ちょっと落ち着いついて少し冷静になって考えましょう。
最終的にはあなたの気持ちの確認ですが、、、
復縁をするべきか判断する

復縁をするべきか判断する

 

川上です。
成功するかどうかを考える前にあなたの気持ちを考えることです。

 

別れてしまったことに後悔して
もう一度やり直したいのかという点です。

 

復縁したいと決心する多くのケースでは
本能的に失った愛の大きさを感じているからだとおもいます。

 

何事もそうですが
あなたの今の気持ち、決心は基本大事です。

 

行動に移す前に3つの前提を頭にいれて行動しましょう。

 

  • 必ずしも復縁は成功するとは限らない
  • あなた自身の性格や行動を変える必要がある
  • 復縁を実現したら維持することが一番大事

 

ある意味厳しいことかもしれません。

 

上の3点を実行する覚悟がないと復縁できても
長持ちしません。

 

どんな形にせよ乗り越えたときあなたは
大きく成長していると思います。

復縁する上でのメリットデメリット

復縁をするべきか判断する
復縁をするべきか判断する
復縁の活動をするときのメリットは

 

  • 過去交際しているので愛着がある
  • だからアプローチのパターンがわかりやすいメリットはあります。

 

デメリットは

  • 別れた原因を解決しないと復縁ができても長持ちしない
  • 原因があって別れた。傷つけてしまった

 

メリットデメリットともに普通の恋愛と違う特殊なところです。

 

過去に交際して
いるので基本的な縁に関しては土台があります。

 

成功するポイントは
通常の交際のアプローチと違って

 

より別れた問題点を明確にして戦略的に行動するのと
タイミングがくるまで復縁したいという感情をできるだけ隠すことです。

 

なのであなたの強い思いを隠したりするのは大変かと思いますが
がんばりどころです。


苦しんだ分成長します。

復縁をするべきか判断する
復縁をするべきか判断する
復縁は苦しんであなた自身も
成長しないと成功もできないです。

 

未熟なままうまくいってもうまく付き合うことになったときに
関係の継続ができません。

 

一般的に真剣にあなたご自身の精神的な成長を促しながら
お互い傷つけた過去を乗り越えると絆は強くなります。

 

そのあたりまで考えて覚悟を決めたほうが
私はいいと思います。

 

復縁の活動は苦しい分達成した喜びは多いです。

 

でも苦しい思いをしただけのリスクはあります。
苦しい思いをして失敗しても次につながる

 

復縁に失敗しても人間的な成長は見込めます。
できるかどうかわからないけど復縁の活動を決心できるか。

 

 

覚悟は必要です。私も覚悟は決めました。

 

 

復縁できないリスクはありますが
決して無駄なことではありません。


復縁の可能性を考える

復縁をするべきか判断する
復縁をするべきか判断する
最初に気持ちの面で考えました。
どんな状況で別れたにしろ最初に気持ちがしっかりしていないと
何も始まりません。

 

次に考えるのは別れた理由です。
連絡が全く取れないとかどこにいるかわからない場合は

 

アプローチの方法が限られます。

 

連絡が全く取れないときは
一人では厳しいので費用は掛かりますが
復縁工作を検討されるのがいいかもしれません。

 

自力で復縁の行動ができるのは
頻度は少ないにしろ

 

連絡が取れるということです。

 

メールや電話の着信拒否されていても最低限これは
必要なことです。

 

復縁で性交するときと失敗するときそれぞれ
ケースバイケースですが、

 

自力の活動をする場合は最低限
連絡先が分かっていてつながる可能性がある

 

というのが前提になります。


別れた理由はキホンお互い様な面もありますが

復縁をするべきか判断する
復縁をするべきか判断する
復縁する可能性はゼロではありません。
成功する確率も100%ではありません。

 

それでも取り戻したいと考えるから
あなたにとって別れた人はかけがえのない人なのです。

 

復縁の活動をするとき基本的にムリなことはないと考えるべきだと思います。

 

じゃないと心が折れるのと
きっかけはどこに潜んでいるか全くわからないからです。

 

でも難易度は存在します。

 

たとえば男性の方だったら
復縁したい人以外の女性を妊娠させてしまったとか
暴力をふるって別れてしまった。。

 

など相手の女性をひどく傷つけてしまった場合は
可能性はゼロではないですが

 

当然時間はかかるケースだと思います。

 

かといって
価値観の違いですれ違いが多くなり別れてしまったケースでも
再びかみ合うきっかけができないと

 

よりをもどすことはできません。

 

 

 


いずれのケースでも大事なことは

復縁をするべきか判断する
復縁をするべきか判断する
別れた原因で難易度は確かにありますが、
大事なのは

 

問題点のあぶり出しと解決する努力をして
100%でないにしろ、ちょっとでもいいから変わることです。

 

相手の人も問題点が改善されていないと
復縁するのに躊躇してしまいます。

 

そこは大事なことです。

 

ここで言えることは
確かに復縁の難易度はありますが

 

難易度が低いからといって確実に成功するわけでもないですし
逆に高くても復縁委成功するケースもあります。

 

復縁の活動はどこで話が進展するか
わからないです。

 

個人的には過去の状況を思い出して躊躇するより
問題点の洗い出しと改善することが大事だと思います。

 

仮に復縁に失敗しても
あなたが苦しんで努力したことは次につながります。

 

復縁が成功したら次にずっとかわいがることです。

 

思い立ったら行動です。
がんばりましょう。

 

以上、川上でした^^

 

復縁をするべきか判断する

ページの先頭へ